忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
もりメタル
性別:
男性
職業:
キャベツ
趣味:
キャベツ
最新コメント
[10/30 たのっち]
[09/28 もり]
[09/28 もり]
[09/18 あゆぽん]
[09/18 たのっち]
最新トラックバック
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
下ネタは書きません
[PR] 2017.10.22 17:02
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

劇のチラシ 2007.03.23 19:14

c733897fjpeg

 もうすぐ卒業だからと、机の上を整理していたところ、あなピグモ捕獲団の「服部の城」、「トレモロとオルタナ」、「素晴らしきこの世界」と、一年生のころの演劇「ハンラン召サルル」、「これからも」のチラシを発掘しました。どれも、僕にとって印象的な芝居で、これらが今の僕の演劇観の基礎ともなっています。

 特に、あなピグモ捕獲団のスタイルというのは、今まで持っていた演劇の先入観を大きく崩し、ストーリー云々や、分かり易さ云々を越える衝撃の強さを教えてくれました。

 あまりにも不条理な演出など、少々、観客を突き放している感もありますが、役者のテンション、音響、照明、映像の効果、変幻自在の舞台、フォーメーションと、どれもが斬新で、特に役者のフォーメーション(2つ以上の会話の同時進行など)は、芸工演劇部も強く影響されていると思います。


 あなピグモ捕獲団が福岡を去って、はや3年。あれ以上の衝撃を与えてくれた劇団は、まだ福岡では見る事ができていませんが、非売れ線系ビーナスの芝居は本当に面白かったです。社会人になっても、彼らの劇は見にいこうと思いました。
PR


Comments
Comment Form
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
Trackback address :