忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
もりメタル
性別:
男性
職業:
キャベツ
趣味:
キャベツ
最新コメント
[10/30 たのっち]
[09/28 もり]
[09/28 もり]
[09/18 あゆぽん]
[09/18 たのっち]
最新トラックバック
忍者ブログ | [PR]
Skin By TABLE ENOCH
下ネタは書きません
[PR] 2017.11.23 12:56
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

創作ってステキ 2007.10.28 23:03

 突然ですが、最近、映画や本、勉強といった事に費やす時間がかなり大きいです。その分、飲み会など、外部との接触は格段に少なくなっていますが、それはまた後でどうにかしよう。


 映画では、「クワイエットルームにようこそ」と「自虐の詩」が当たりでした。

 「クワイエットルームにようこそ」は、松尾スズキ監督、内田有紀主演のトラウマ系コメディ。28歳、バツイチ。恋も仕事もうまくいかない崖っぷちフリーライターの明日香(内田)がある日、目を覚ますと、クワイエットルームと呼ばれる精神病院の隔離病棟に収容されていた。周りは明らかに頭のおかしい人達ばかりで、正常な自分が何故収容されているか分からない明日香だが、そこで生活していくうちに自分の心の闇を少しずつ思い出していく、という話。

 この映画では、登場人物全員が自分の価値感や考えが絶対だと信じているが、皆少しずつどこかおかしい。それはまるで現実の社会のようであり、見終わった後はなんともいえないブラックな気分になってきます。このモヤモヤ感が舞台人らしくて気持ちが良い。内田有紀、クドカン、蒼井優、役者もみな良かった。あまりにツボにきまくったので、映画の脚本まで買ってしまいました。


 「自虐の詩」は、堤幸彦監督、中谷美紀・阿部寛主演の話題作。原作は“日本一泣ける4コママンガ”と評判らしい。元ヤクザ、酒・ギャンブル・暴力に溺れる無職のダメ夫を支えるけなげな妻のハートフルな物語。別にストーリーに捻りはないけど、力技で感動させられた感じ。うん、愛情は素晴らしい。ラブストーリーは嫌いだけど。


 ところで、冒頭でも書いたように、最近はあまりに人と会っていないので、来月は少しずつリハビリしようと思います。皆、よろしく。

PR
ただの感想 2007.10.10 00:52

 本谷有希子の「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」を読みました。

 またしても舞台原作。最近、サトエリ主演で映画になっているヤツです。映画の予告を見て、なんとなく雰囲気が気になってはいたのですが、映画はあまり面白くないと聞いたので、思い切って小説を買ってみました。


 北陸の山間部、うだるような暑さの山村。ここで暮らす和合家の父母が同時に事故で亡くなり、東京で女優をやっている澄伽が戻ってきた。澄伽は才能も仕事も無いくせに、「自分は他人と違う」と思い込んでいる自意識過剰女。和合家についた彼女は、かつて自分の乱れた生活をネタにしたホラーマンガを描き発表するという、澄伽が村にいられなくなった原因を作った妹に、案の定強烈なイジメを開始するのだった。 [超映画批評より引用]

 このぶっ飛んだ姉妹を中心に、瞼の上にグロテスクな傷を持つ兄。そして、何故か肉体関係を持っていない、その妻。そんな、いかにも何か秘密がありますよと言いたげな設定に、女性の劇作家特有のメンヘルなエグさが加えられ、ナンともクレイジーな印象。

 別に、あっと驚くようなオチはないんだけど、秘密が一つ一つ明らかになりながら、家族が崩壊していく様は、なかなかスリリング。予想以上に楽しめました。

 三連休も今日で終わり。何処かに旅行するワケでも、遊びにいくでもなく、いつものように教習所と自宅を行き来する生活・・・。あぁ、早く免許が欲しい。でも、予定ではあと一ヶ月チョイで終わるはず・・・。ガンバレ。


 特に大きなイベントのなかった三連休でしたが、小さな収穫は色々とありました。欲しかった参考書をやっとゲットしたり、ダンボール一杯のミカンが家に届いたり、東京で就職されて三年目になる演劇部時代の先輩と飲んだりで、それなりに充実して過ごせました。

 そういえば、その演劇部時代の先輩から、可愛いマグカップをペアで頂きました。二匹のパンダが色々なシチュエーションでじゃれ合っているデザインで、部屋に置いてあるだけでもファンシー。女の子へのプレゼントにも最適な一品です。

panda.jpg
仲良く交尾しています


 そういえば、半年の試用期間を終え、10月から正社員になります。別に、何も待遇が変わりませんが、とりあえずの区切り。マル。
テンション上がるぜ 2007.09.11 01:07

 昨日、ちょいと高めのスーパー、ボンラパスの会員になりました。

 別に、200円払えば誰でも会員になれるのですが、自称グルメとしては、ボンラパスの会員という肩書きが実に心地よく、ちっぽけな自尊心を満たしてくれるのです。

 B CARD(ボンラパスの会員カード)も手に入れたことだし、さっそくグルメな料理好きらしく、飲むヨーグルトとオレンジジュースとロールケーキを買ってきました・・・。ちなみに、帰りに寄ったファミリーマートでも同じものが置いていました・・・・・・。


 話は変わり、さっきネットで懐かしいものを見つけたので紹介します。その名も"テンションUPスクリプト"!中身自体は簡単なJavaなんですが、発想と凡庸性が面白い。どうだって応用できちゃう。


1:どこでもいいからホームページを開く。

2:下の一行を「アドレス」欄に貼り付ける
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.split('ー').join('━━━(゚∀゚)━━━');focus(); 

add.jpg
こんな感じ

3:「Enter」を押す。

4:テンションうp(゚∀゚)!!!

up.jpg


是非とも、色々なサイトで試してみましょう。
EXMACHINA 2007.09.08 21:10

 昨日は実に良い日でした。最近凹み気味だった気分も一気に吹っ飛び、ニコニコ、ハァハァな森君に戻りました。


 10/20に東映さんからEXMACHINA(エクスマキナ)というCGアニメ映画が公開されるのですが、公開記念の監督トークイベントを芸工大で開催させるのに成功しました!

 映画のキャンペーンとして、映画関係者がCGを勉強する学生に講演をしたいので、どこか良い大学はないかと、東映、日経新聞の同期に相談されていましたので、即、芸工を推薦。推薦状を書き、東映に送信。その後、紆余曲折をしながらも日経が上手いこと口説き落としてくれまして、見事、この企画が通ったのです。

 2ヶ月くらい前から、計画していた事なので、決まったときの喜びはそりゃぁもうです。10/5の夜(時間未定)に5号館であるみたいです。モーションキャプチャーとか、そこいらの技術を沢山使っているそうなので、興味のある人は是非とも見に行って下さい。僕も行けたら行きます。

exmachina.jpg

 厳密には、紹介しただけだし、あくまで個人的な興味で手伝っただけなので、会社にお金が入らないのは残念ですが、友達に感謝されたのは、すごく嬉しかったです。会社に入って初めてです。たぶん。仕事がこういうことばかりだったら楽しいのにねぇ。
PREV PAGE  …  HOME  … NEXT PAGE